分煙環境に必要な分煙機とは

受動喫煙と言う言葉を耳にしたことがある人は多いかと思われますが、受動喫煙は煙草の煙を吸い込む事で健康被害と言うリスクを生じさせることを意味しており、一般的には喫煙者が吐き出す煙や灰皿や手に持つ煙草から立ち上る煙の副流煙を吸い込む事で喫煙をしている時と同じ、もしくはそれ以上の健康被害を受けてしまう事を意味しており、非喫煙者に対する受動喫煙と、喫煙者が他の喫煙者が吐き出す煙などによるものが在ります。分煙機はこうした受動喫煙の防止に役立てることが出来る空気清浄機の一種であり、分煙環境に必要不可欠な存在になります。



分煙化が進められているお店などには、喫煙席には分煙機が設置されており、禁煙席への煙の流出を防止しています。

喫煙室との上手な付き合い方をお知らせします。

また、オフィスは禁煙になっているため、喫煙所での喫煙が許されている場合でも、喫煙所内には分煙機が取り付けられており、喫煙所の外に煙が流れないようにすると同時に、喫煙所で煙草を吸う人の健康被害を低減させる役割が在ります。



尚、分煙機と言うのは煙草を吸うための空間だけではなく、分煙環境の中で利用されているため、飲食店などで喫煙席と禁煙席を分けている場合などでは、禁煙席にも分煙機が設置されており、喫煙席から流れてきた煙を吸引させると言った環境づくりが行われています。

因みに、内部には特殊なフィルターが取り付けられており、煙草の煙に含まれる有害な物質をシャットアウトし、空気を浄化してくれますが、このフィルターは定期的に交換することで性能を発揮すると言った特徴も在ります。